■キャンプ場 ◆中部地方 富山県

【キャンプ場】大伴家持が愛した風光明媚な地にある雨晴キャンプ場

前のページはこちらから。【キャンプ場】大伴家持が愛した風光明媚な地にある雨晴キャンプ場

 

炊事場について

雨晴キャンプ場には調理ができるほどの施設はなく、テントサイト内に水道があるのみです。

駐車場から約60m西側に行った場所、休憩所の西隣にあります。

 

コンクリートのシンクに水道の蛇口が左右6つずつの合計12個。

上水道のためそのまま飲むことができます。

 

海水浴場が900m近くもある長浜なので、水道はさらに西の方にも用意されています。

とくにこれといった特徴はありませんが、たくさんのお客さんに対応できるようになっているのはいいですね~

 

炊事場の近くや松林の中にはところどころ木製のテーブルとベンチが設置されていて、食事や休憩に使えるのもマル。

 

6月下旬の日中に行ったんですが、蚊などの虫は見ませんでした。

海はホントおだやかで、寄せてはまた打ち返す波の音が心地よく感じます。

夜でもうるさく感じないんじゃないかなって思います。

また、海水浴場に沿うように鉄道「氷見線」も走っているんですが、1,2時間に1本程度ですし、午後10時過ぎに雨晴駅を最終通過となるので、気にしなくてもいいくらい。

トイレについて

トイレは、駐車場のすぐ近くに1つあるだけです。

雨晴キャンプ場は横長のテントサイトなので、駐車場から遠い場所にテントを張ると、トイレがちょっと困ります。

かといって、駐車場から近い場所は、海水浴シーズンはめちゃくちゃ混むので、どこにテントを張るか悩みどころですね~

 

こちらは身障者用トイレ。

作りは古いですが、キレイに掃除してありトイレットペーパーもちゃんとあります。

 

男性用は、水洗式の小便器が4つ。洗面台もあります。

 

男性大便用は、水洗和式が2つと奥に洋式が1つあります。

こちらも床も壁も便器もキレイに掃除されていて、気持ちよく使えます。

一般的なイメージとして、海水浴場のトイレってキタナイって思いがちですが、雨晴キャンプ場はまったくそんなことはありませんでした。

雨晴キャンプ場データ

雨晴キャンプ場は、富山県を代表する景勝地のひとつ、雨晴海岸にあります。

白い砂と青々としたクロマツの林が美しく、「白砂青松(はくしゃせいしょう)とはこのことか!」って感動しちゃいます。

大伴家持がこの雨晴の風景をこよなく愛し、多くの歌を詠んだってのがわかるような気がしますね~

また、キャンプ場の目の前には、長さ890m、奥行き20mと日本海沿岸屈指の遠浅の松太枝浜海水浴場が広がっており、夏のシーズンは海水浴やバーベキューなど、デイキャンプを楽しむのにもピッタリです。

7,8月以外は、申し込みの必要もなく、いつでも無料で利用できるので、旅の途中の宿泊地にするにも向いてますね。

高岡市や氷見市の中心地からそれほど遠くなく、周辺には道の駅やコンビニエンスストア、温泉施設などもあるので、利便性もバッチリ!

キャンプ場から眺める岩礁や富山湾越しに見る3,000m級の立山連峰の雄大な姿は、息をのむほど美しく、しかも、季節や時間によって姿を変えますから、一度だけでなく何度も行きたくなること間違いなし!

歴史と伝統のまち高岡市にある風光明媚な雨晴キャンプ場にぜひお出かけください。

名前 雨晴キャンプ場
かな あまはらしきゃんぷじょう
住所 富山県高岡市太田地内
連絡先 高岡市観光交流課(TEL:0766-20-1301)、WaveLunch(ウェーブランチ)TEL:090-9441-6020、0766-44-1173
管理者 高岡市
営業期間 キャンプ場は5月1日~11月30日のみ利用可(海岸は1年を通して利用可)

7,8月のみWaveLunch(ウェーブランチ)で申し込み必要(7、8月は無休で9:00~19:00、それ以外の月は日曜と祝日のみ11:00~19:00の営業)

料金 7,8月のみ有料(1グループ1泊1000円、日帰り500円)
ジャンル 砂丘フリーサイト
施設 テントサイト、水道施設、トイレ、シャワー、駐車場など
備考 ゴミ持ち帰り



周辺施設の紹介

道の駅 雨晴(あまはらし)

雨晴キャンプ場の近くの商業施設のひとつに道の駅「雨晴」があります。

キャンプ場から東に約2km、車でわずか5分です。

道の駅の正面には、雨晴の地名の由来に関連する「義経岩(よしつねいわ)」があるほか、松尾芭蕉が「わせの香や 分入右は 有磯海(ありそうみ)」と詠んだ海景が広がっています。

ちなみに、有磯海とは、大伴家持が詠んだ「かからむと かねて知りせば 越の海の 荒磯の波も 見せましものを」に出てくる荒磯のことで、歌枕(和歌の題材とされた日本の名所旧跡のこと)として使われています。

道の駅「雨晴」は、3階建てで、1階が観光案内所と24時間開放されている情報発信コーナー、2階には農林水産加工品や地酒、地元銘菓、雑貨のほか、銅器や漆器等を中心とした高岡の伝統工芸品を販売しているショップ、カフェがあります。

また、2階と3階には24時間開放している展望デッキがあり、時間を気にせず雨晴海岸の遠景を楽しむことができます。

これまで、道の駅雨晴の駐車場はそれほど広くはなかったため、けっこう混雑することが多かったようですが、近くに新たな駐車場(21台)を増設したそうです。

道の駅雨晴は、まさに目の前に海が迫ってくるかのような場所にある施設です。

古くは大伴家持が愛し、松尾芭蕉がおくのほそ道に記した雨晴の美しい風景を道の駅の展望デッキからのんびり眺めるのもいいんじゃないでしょうか。

宿泊・入浴施設「越乃庭」さん

雨晴キャンプ場から一番近い入浴施設は、高岡市伏木国分地内にある越乃庭(こしのにわ)さん。

道の駅「雨晴」の少し先、キャンプ場から東に約3km、車でたったの5分です。

館内で使われている水はぜ~んぶ地下から汲み上げた天然水なんですって。

水の成分には温泉成分の「メタケイ酸」を豊富に含んでいるため、保温効果もバッチリあります。

浴槽は立山乃湯(ミネラルイオン鉱石人工温泉)と雨晴乃湯(ラジウム鉱石人工温泉)、露天風呂(ゲルマニウム鉱石泉)の3つ。

立山乃湯と雨晴乃湯は、男女週替わりの利用です。

また、別途料金がかかりますが、天然温泉(玉川温泉等)の岩盤浴の環境条件を取り入れた岩盤浴室もあります。

営業時間は、平日と土曜日が5:30~8:00、10:00~23:00の2回に分けての営業。日曜日が5:30 ~ 23:00まで通して営業しています。

朝の5時30分からやってるんですよ、すごいっしょ。

山形県遊佐町にある鳥海温泉保養センター「あぽん西浜(にしはま)」さんも朝の6時と早くから営業してましたけど、越乃庭さんはそれよりも30分早い!

じつは、越乃庭さんは、海岸線沿いに建っているため、天気の良い日には、富山湾を挟んだ向かい側にある立山連峰から登る日の出を眺めることができるんです。

そのための5時30分からの営業なんですね~

いや~お湯につかりながら日の出を見れるなんて、なんてぜいたくなんでしょ。

越乃庭さんの公式サイトには、日の出時間と立山眺望予報までリンクされているという徹底ぶり。

雨晴キャンプ場を利用したときは、なんとしても早起きして、越乃庭さんで朝風呂に入らなきゃ(笑)

料金は、日曜を除いた朝の時間帯が大人(中学生以上) 520円、小人(小学生以下) 260円、それ以外は大人(中学生以上) 620円、小人(小学生以下) 310円、幼児(3才以下) 100円です。

食事もできるし宿泊も可能ですので、急な悪天候に見舞われたときは、無理にキャンプをせずに越乃庭さんで一泊するのもありかもね。

光明石温泉(こうみょうせきおんせん)有磯の湯(ありそのゆ)さん

雨晴キャンプ場のすぐ西隣は氷見市で、こちらには日帰り入浴施設「有磯の湯」さんがあります。

キャンプ場から北西に約5km、時間にして車で10分程度。

うん、めっちゃ近いわ。

自然界に存在し、イオン化作用が強いとされる高名跡を主たる泉源体に使った温泉で、湯あたりがやわらかく、カラダの芯からあたためてくれるそう。

施設は充実していて、 男湯、女湯ともに浴室が2つ、洗い場も多く用意されているうえ、露天風呂やジャグジー、うたせ湯、そして20人も入れるほどの大きなサウナなど、さまざまなお風呂を楽しみながら、ゆっくりとくつろげます。

年中無休で、営業時間は、8:40〜翌0:30(最終受付0:00)までと、朝は越乃湯さんほどじゃないけどかなり早い時間帯から開いているし、夜つーか、夜中までやってるんで、めちゃくちゃ便利ですよね~

利用料金は、大人480円、中高生400円、小学生160円、乳幼児60円と、とってもリーズナブル。

フロントにある無料の休憩所は、テレビや自動販売機が備え付けてあるし、畳の休憩場所もあるので、お風呂上りにものんびりすることができます。

駐車場も広く、普通車約80台が駐車可能。

氷見駅まで徒歩2分と言う、中心市街地のど真ん中にあるので、お風呂に来たついでに食事や買い物、給油をするにもすっごく便利です。

有磯の湯さんは、リーズナブルなお値段と充実した施設に便利な環境と、3拍子バッチリ揃っていて、越乃湯さんに負けず劣らずおススメの日帰り入浴施設ですよ~

おススメの人気記事はこちら!



-■キャンプ場, ◆中部地方, 富山県
-, ,

© 2021 MOTO Campers