■日常

GuildWars動画PaaPeePooPaePoを振り返る

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

ボクは、今から15年くらい前の2004年、キャンプや登山なんかのアウトドアにはまったく興味がありませんでした(笑)

そのかわり、ネットーゲームにはまっていて、引きこもりと言ってもいいくらいゲームをしまくって、そして、ゲーム内の映像を使って動画を作っていました。

久しぶりにそのことを思い出して、ツイッターでつぶやいたことをまとめました。

130文字の制限があるから、ちょっと言葉足らずだったりしますけど、ゲーム動画に興味のある方に読んでもらえるとうれしいです。

撮影の舞台をSWGからGWに移し、お試し動画「petit」作ってから年が変わるまで、なぜ新作を作らなかったのか、まったく覚えていませんw

リアルが忙しかったのか、適当なゲームが見つからなかったのか、動画熱が薄れたのか・・・

ただ、再開した理由は、はっきりと覚えています。

それは、「動画の神様が降臨した」から。

ぶっちゃけ、ボクは実生活では何かの制作に携わってるわけでもないし、クリエイティブなセンスもありません。

この神様降臨云々は、ちょっとカコイイと思って動画づくりを始めてからずっと使ってるフレーズですw

でも、なんかこう頭の中に「こんな感じの曲を使って、こんなシーンで、こうやってこうやって・・・」みたいなアイデアが、ぶわ~っとわきでることがあるんですよ。

いやマジでw

その状態になったとき、「動画の神様降臨」って言ってましたw

しばらく動画を作ってなかったのに、突然「動画の神様」がきちゃったので、これはもう作るしかないだろ、と。

で、散り散りになっていた、かつてのSWGメンバーのうち、連絡がつく方をお誘いしての撮影となりました。

ちょうどキャンペーンで無料期間があったってのも大きいかな。

楽曲は、スキャットマン・ジョンさんのPaa Pee Poo Pae Po。

この方は吃音症で、それ逆手に取ったスキャットが独特ですっごく魅力的だったなあ。

日本では、CMがお茶の間で大ヒット。

このパピプペポもそうですが、日本受けを狙った曲が作られ、ファンの間では賛否あったようです。

実際、この動画は外国の方にもけっこう気にいってもらえたんですが、「映像はいいけど、曲がダメ」みたいなコメントもありました。

ボクとしては、「この曲」あってこその「この動画」だと思うんですけどね~

まあ、歌詞やタイトルはともかく、ポップで軽快なサウンドは最高でしょ。

ゲーム動画を作るのは久しぶりだったんですが、petitの経験を活かしつつ、さらに新たなことも試してみました。

ひとつは、汗臭い漢祭りw

ボクが作ったゲーム動画って、だいたいは女性キャラの華やかさを前面に出してました。

でも、今回は、まずは男キャラで行こうとw

二つ目は、カメラの固定と移動をうまく作って飽きさせないようにしようと考えました。

GWのダンスは動きはいいんですが、単調なんですよ。

そこをカメラワークでなんとかしようかな、と。

あとは、すべてのジョブのダンスを紹介する動画を目指しました。

GWはウォーリアやレンジャーなど10のジョブがあり、それぞれダンスが違ってました。

ひとつひとつのダンスは単調でも、次々に披露すれば最後まで楽しめるんじゃないかって考えたんですよ。

なので、Paa Pee Poo Pae Poは、ひとことで言えば「GWダンス紹介動画」ですね~

冒頭に「Cantina」の文字を入れて、さりげなくSWGプレイヤーをアピールw

カメラをグルグル動かしつつ、主役であるスキンヘッドのオッサン(Schmerzuluさん)登場!

さらにマッチョな仲間が拍手で場を盛り上げます。

この時点で、半分の方は動画閉じますねw

残った半分の我慢強い方、そして漢が大好きな方のために動画は続きますw

メインジョブはパラゴン♂。

外国人の多いGWの中にあって、日本人らしさを出すために北斎風のマントを羽織ってますw

カメラをいろいろ動かして撮影。

ちょっと変な動き方をしたりもしましたが、そこはご愛敬。

1:05からのシーンは、レンジャー♀

1分以上オッサンを出すと忍耐強い方も離れると思って、キレイどころを投入。

カラフルな衣装とエキゾチックな背景で、視聴者離れを食い止めますw

10秒ちょいで次のパラゴン♀に交代するんですが、ここのつなぎはけっこう気に入ってます。

誰がどのキャラだったか今となってはまったく覚えておりませんが、おそらくセンターは次々に入れ替えて、動画に出てくれた方みんなを主役っぽくしてたんじゃないかなあ。

いちおう、ボクのゲーム動画作りの信条のひとつだから、忘れてなかったはず。

1:38からはアサシン♀です。前がくねくねした丸いダンスだったため、直線系のダンスを入れてみました。

ここは桜っぽい木をあえて目立たせたり、空を映し出したりしてます。

チラッと太陽っぽいのが見えるカットがありますが、夜空と月をイメージしてます。

花鳥風月なシーンですw

はい、ムワッとむせ返るような漢臭さを望んでいるみなさん、お待たせしました。

ウォリアー♂の登場です。

両脇に立ち並ぶマッチョを駆け抜け、さらにUターンとカメラワークにこだわりましたw

2:25で次のキャラに変わる直前のカット、最後の腰のクイッが実にいいですねw

ダルウィーシュ♀は、とくにダンスが単調だったんで映像はほんのちょっとだけ。

カラフルな衣装とクルクル回るダンスがキレイだったんで、風車とか傘を回すイメージを出したくて上から撮りました。

見学してた外国の方が、めずらしがってしきりに話しかけてきてたんだっけ、ここw

次はリチュアリスト♂です。

GWのダンスって、ぜんぶ元ネタがあるんですよね、たしか。

この怪しげなダンスも、なにか映画のワンシーンに出てたたんだっけ。

ホントは、1キャラごとをドアップで撮りたいですが、ゲーム内の自分視点と言う性質上、これが精いっぱいなんです。

3:14からはモンク♀

ボクが一番好きなシーンですw

ダンスにタメがあるでしょ、それがめっちゃカコイイ!

曲も盛り上がってるとこなんで、カットとカットは流れを止めないようなつなぎ方をしたつもり。

最後は、初期位置に戻ることを想定して、もう少し左にカメラを寄せるべきだったと反省。

ラストシーンはパラゴン♂に戻って〆てます。

忙しい中時間を割いて参加してくれた方々に感謝しつつ終了。

コメントで一番うれしかったのは、「この動画が7000回再生?100万回だろ!」みたいなの。

マジ、最高の誉め言葉でした。

CAST

Cheetah、Clanxi、Gin-ga、Orz-Skyworker、Schmerzulu、Si-Ca、Wizti、Wreath

-■日常
-

Copyright© MOTO Campers , 2020 All Rights Reserved.