■日常

GuildWars動画petitを振り返る

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

ボクは、今から15年くらい前の2004年、キャンプや登山なんかのアウトドアにはまったく興味がありませんでした(笑)

そのかわり、ネットーゲームにはまっていて、引きこもりと言ってもいいくらいゲームをしまくって、そして、ゲーム内の映像を使って動画を作っていました。

久しぶりにそのことを思い出して、ツイッターでつぶやいたことをまとめました。

130文字の制限があるから、ちょっと言葉足らずだったりしますけど、ゲーム動画に興味のある方に読んでもらえるとうれしいです。

GWは、アメリカの会社が開発した対人戦特化型のMOで、非常に面白いゲームでした。

欧米系のゲームのご多分に漏れずエモートが充実しているうえ、自分視点可能、UI消し可能、キーボード移動可能と、動画撮影向きのゲームでもありました。

動画撮影で唯一のマイナス点は、課金方法でしたね。

GWがサービスを開始した2006年は、韓国や台湾系MMORPGは、クライアント無料、基本プレイ無料、アイテム課金制であり、それが一般的な課金方法として定着していました。

GWはというと、パッケージを購入すれば月額無料、買わないのなら月額980円という設定でした。

SWGのときのように、もともとゲームで遊んでいる方に「動画に出てみない?」って誘うのはまったく問題ありませんが、ボクの作る動画に出るためだけに、遊びもしないゲームに課金してもらうってのは、めっちゃ気が引けましたね~

まあ、結局は課金してもらったんですがw

そんなわけで、飛天動画とこの動画を作ったあと、ボクは動画の制作意欲を失い、SWGのころは1か月に1本は作っていた動画も半年以上作らなくなるのでした。

だから、この動画の存在はすっかり忘れてたw

schmerzさんに声をかけてもらわなかったら、一生日の目を見なかったかもw

petitは、GWに移って最初に作った動画なので、お試しの意味合いが強いっスね。

キャラがどういう動きをするのかとか、映像はどんな感じになるのかとか、そういうのを知りたくて作りました。

なので、初期位置で淡々とダンスとエモートを繰り返すだけになってます。

とはいえ、参加者のみなさんにはあとから見て楽しんでもらえるようにもしたかった思いがあります。

ちゃんとBGMも付けて、SWGでやったようにきっちりエンドロールまで作りました。

ボク自身久しぶりに見たんですが、意外とちゃんと作ってあって、びっくりですw

楽曲は、SMiLE.dk さんの PetitLoveです

スウェーデンの女性デュオで、dkはデビューがデンマークだったから。

コナミのDDRに採用されてブレイクしました。

ボクが使用したのもDDRバージョンです。

この曲を聞いて、プッチモニのちょこっとLOVEの英語Verってすぐにわかりました?

ボクは年のせいか、「ですね、ですね」って一部歌詞が浮かぶんですが、名前が出てこなかったw

で、schmerzさんに教えていただいたiPhoneのアプリを使って、なんとか解決したw

それでは動画の解説を。

お試し作品だったので、ナンバーは零。

拍手のエモートから入って、参加メンバーの紹介シーン。

前列向かって左がwiztiさん、右がCheetahさん?

ボクは髪型からWnonyさんだと思ってたけど、違うらしいw

中列右がWnonyさんなのかなあ。

後列向かって左はorzさん?

赤毛はunyaさんかな。黒髪はGin-gaさん。

右がWreathさんで合ってる?

自分で作っておいて、なんか、めっちゃあやふやで申し訳ない!

だれか正解を教えてくださいw

この動画では、撮影について、いろいろ試してるんですよね。

例えば、カメラは基本fix(固定)でとか。

カットとカットのつなぎは、なるべく直でとか。

ただ、どうしてもお試しってのが頭にあったせいか、今見ると、ちょっと荒かったかなって思うカットもありますね~

気になったのは、0:21で右上に鳥が映っちゃってて、ちょっと目障り。

あとは0:52とかいくつかのカットで、うっかりマウスにふれちゃって手振れっぽくなってるとこ。

そして、1:30以降同じエモートで尺稼ぎをしちゃったことかなw

最後は、もっと別のやり方があったよね。

お気に入りは、1:21からMr. Lennon said itって歌詞に合わせて、「筋肉を見せつける」のエモートをするところ。

これこそが、ゲーム動画の真骨頂。

実写ではありえない動作が自然に見える。

磁石のSとNがひきつけられるように、全キャラの動作がグイっと一致するのがじつに爽快。

こういうことができるゲームはなかなかないんですが、欧米系はなぜか当たり前にできます。

文化の違いってやつ?

GWの場合、エモートに*をつけると、パーティの動作が同期するんですよ。

タイミングを合わせると、動画のようにダンスから別のエモートに同期したままの移行も可能でした。

GWは、エモートがすっごく丁寧で、滑らかな動きでした。

ただ、ダンスもエモートのひとつなんで、SWGほど手が込んでなかくて、フルコーラスのBGMでは尺が足りなさすぎってことがわかりました。

この動画のおかげで、GWのいい点、悪い点を次の動画に生かすことができましたね~

まあ、最初に書いたように、petitは次のGW動画のたたき台であったわけです。

でも、この動画のおかげで、次回作のGW動画「Paa Pee Poo Pae Po」は、なかなかもモンに仕上がってますよw

ご期待ください。

CAST

Cheetah-Oppi、Cotone-Wreath、Gin-ga、Orz-Lover、Unya-うにゃ、Unyu-うにゅ、Wiz-Chiri、Wiz-Ti、Wnony-Laudy、Ether-light

-■日常
-

Copyright© MOTO Campers , 2020 All Rights Reserved.