■日常

飛天online動画を振り返る

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

ボクは、今から15年くらい前の2004年、キャンプや登山なんかのアウトドアにはまったく興味がありませんでした(笑)

そのかわり、ネットーゲームにはまっていて、引きこもりと言ってもいいくらいゲームをしまくって、そして、ゲーム内の映像を使って動画を作っていました。

久しぶりにそのことを思い出して、ツイッターでつぶやいたことをまとめました。

130文字の制限があるから、ちょっと言葉足らずだったりしますけど、ゲーム動画に興味のある方に読んでもらえるとうれしいです。

どんなゲームでも撮影はできるんですが、思うような映像を撮るためには、

1、UI消し可能

2、自分視点可能

3、キーボード移動可能

の3つの要件を満たしていることが大事。

ボクは、これをゲーム動画三点セットなんて呼んでましたねw

2006年ころは、韓国や台湾のMMORPGが人気で、逆にSWGのような欧米のゲームは廃れてました。

キャラクターのデザインやゲーム性もそうなんですが、料金体系が大きく違ったのもその要因だったかと。

韓国や台湾は基本無料のアイテム課金、欧米はパケ販売の月額課金でした。

子供にとっては月額千円ちょっとの出費でも痛いですから、必然的に基本無料のゲームに集まります。

運営会社は間口を広くしてプレイヤーを多く取り込みたいわけで、そうなるとどうしてもパケ販売の上、月額課金制のゲームは不利。

あっという間に、ほとんどのMMORPGがアイテム課金制になりました。

ボクは、欧米のゲームが好きだったし、動画も作りやすかったんですが、基本無料にも大きなメリットはありました。

それは、動画に出てくれる方に金銭的な負担を強いることがないってこと。

いつでもだれでも気軽に出てもらえるって点は良かったですね~

話はだいぶそれましたが、動画を撮りやすいゲームってことで、基本無料で動画三点セットの要件を満たす飛天を選んだってワケ。

で、プレイするうちに運営の方と縁があって、作った動画を公式サイトに載せてくれるってことになったんです。

後にも先にも、公式に載った動画はこれだけです。

公式サイトへの掲載は、めちゃくちゃうれしかったんですが、その分、すっげー悩みました。

ボクは、第三者に見せることを想定して動画を作ったことってないんで。

公式サイトに載るなら、「それっぽいの作らなきゃダメだよなあ」とか。

「どういうゲームなのか分かった方がいいよなあ」とかね。

悩んだ末に、ゲーム内でできることを全部盛り込みつつ、出会いをテーマにすることにしました。

BGMはゲーム内のものを使用。

ゲームの最大の特徴である飛剣(武器に乗って飛ぶことのできるシステム)をポイントに。

これからゲームをやろうする方に、楽しさ届けたい!って感じで。

あらためてこの動画を見ると、無難にまとめようとしすぎた。

もっとはじけたほうがよかったですね~

動画の難しさ、自分の力の無さを感じさせられたイベントでしたw

いやホント、動画に限らず、絵でも音楽でも、第三者に見せること前提で作品を作ってる方ってすっごいわ。

マジ、尊敬します!

最後にってか、これが本題だったりw

この動画には、SWGよりずっと前からいろいろなゲームでご一緒させていただいたふぇるなんさんとそのご友人のしーなんさんに協力していただきました。

いつの日か、リアルでお会いして、お酒でも飲みたいなあって心より待ち望んでおります!!

-■日常
-

Copyright© MOTO Campers , 2020 All Rights Reserved.