■ご当地グルメ ◆東北 山形県

【山形県上山市】御菓子司だんご本舗「たかはし」でだんごを食べたよ

投稿日:2018-06-20 更新日:

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

2018年6月中旬、山形県上山市かみのやま温泉駅前にある「御菓子司だんご本舗たかはし」さんで、おだんごを食べてきました。

「だんご本舗たかはし」さんは、今年で創業100周年。上山市の中でも屈指の歴史を持つ和菓子屋さんです。

ボクは、創業100年と聞いて「マジか?幕末の上山城が現役だったころか!」なんて思いましたが、今から100年前は大正7年でした(笑)

ボクの歴史観のなさにあきれながらも話を続けます。

ボクが「だんご本舗たかはし」さんに行った理由は簡単。だんごが食べたかったからです。

まあ、当たり前っちゃ当たり前なんですが、職場でだんごの話になったとき、たまたまネットで検索して引っかかったのが、「だんご本舗たかはし」さんなんです。

ボクの住む福島県から「だんご本舗たかはし」さんのある山形県上山市まではバイクで2時間くらいだし、「んじゃ、キャンプがてらちょっと行ってみっか」って思って、週末に目指したワケなんですねー

 

キャンプツーリングの記事はこちら

【キャンプツーリング】2018年初夏の山形県上山市に行ってきた

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 2018年6月中旬、東北地方は梅雨に入り、雨の多い時期になりました。 しばらくは、バイクでのキャ ...

続きを見る

「だんご本舗たかはし」さんは、かみのやま温泉駅から徒歩5分だよ

「だんご本舗たかはし」さんは、JR山形新幹線「かみのやま温泉駅」から西に120m、徒歩5分、黄金山神社のお隣にあります。

車やバイクで行くときは、かみのやま温泉駅を目指して行くといいんじゃないでしょうか。

駅前の通りにありますから、迷うことはありません。

お店の敷地内に駐車場はありませんが、近くにある「タイムズ24さん駐車場」に駐車して、駐車券を持って行くと、駐車料金1時間無料になります。

ただね、駅前って言っても、そんなに車の通りは多くないんですよ、ココ。

ほとんどの人は、道路わきにちょっと車を止めて買い物をしてました。

また、お店の前にはサイクルステーションが置いてあったので、ロードバイク乗りの方が多いのかもしれません。

お店にはイートインスペースもあるので、中でお茶しながらお菓子を食べるときは、ほかのお客さんや通行人の邪魔にならないよう、ちゃんと駐車場に止めたほうがいいと思います。

(※写真はすべて許可を得て撮影しています。)

「ほんてん!黒いどら」がお出迎え

創業100年と言うと、なんかすっごく古い建物を想像しちゃいますが、お店の外も中も、とってもキレイです。

 

老舗のだんご屋さんなんだから、まずは「だんご」かと思いきやさにあらず。

お店の中に入って正面にドーンとあるのが、「ほんてん!黒いどら」のショーケース。

ぱっと見、どら焼きのようなお菓子です。

「ほんてん」とはなんだべ?って思ったら、山形弁(村山地方)で「ほんとうに」とのこと。

で、「黒いどら」とは「黒いですね」という意味らしい。

「本当に黒いですね」と「黒いどら焼き」をかけて、そういう名前のお菓子にしたんでしょう。

同じ東北でも地方が違うと方言も違うので、言葉の意味がわからないことがありますねー。

この「ほんてん!黒いどら」は、「だんご本舗たかはし」さんの名物の一つで、かなりの人気商品。

箱売りもしていますが、1個から購入できます。

地方発送、インターネットでの購入も可能で、なんと上山市のふるさと納税の返礼品にもなっています。

ホント、上山市を代表するお菓子なんですねー

味は、「つぶあん」や「ずんだクリーム」など定番9種類のほか、季節限定のモノ3種類がありました。

たとえば、定番品は、

・つぶあん(北海道産十勝産の小豆を100%使用し、2日間かけて丁寧に煮上げた自家製のつぶあんがたっぷり)日持ち常温10日税込184円

・あんクリーム(自家製のつぶあんとクリームをまっ黒などら焼きで挟んだ特製の生どら)日持ち要冷蔵3日税込205円

季節モノだと、

・ダブルチーズ(フランス産の濃厚クリームチーズ入りのクリームと自家製レアチーズをサンドしたさわかなどら焼き)日持ち要冷蔵3日税込248円

・バタどら(北海道産のあずきをじっくり煮詰めて作った、自家製のあんこで、昔ながらの「バタどら」を再現)日持ち常温10日税込205円

などです。

お店の説明によると、「ほんてん!黒いどら」の生地には、お腹の調子を浴するという「食用竹炭」と「ココア」をまぜてふんわりと一つ一つていねいに焼き上げているんだって。

ちなみに、食用竹炭(孟宗竹)とは、ミネラル、食物繊維を多く含む竹炭で、古くから民間療法に用いられてきたとのこと。

ボクは、「あんこ」が大好きなので、「つぶあん」を1つ買いました。

ほんてん黒いどら[10個入り]

ほんてん黒いどら[10個入り]

2,700円(07/16 05:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

キャンプ場で食べたので、お味のほうはキャンプ記事を読んでくださいね

【無料キャンプ場】サバイバル感あふれるどんぐりの森キャンプ場

【更新情報】2019年7月 こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 今回紹介するどんぐりの森キャンプ場は、新潟県阿賀野市(あがのし)にあ ...

続きを見る

焼きたてサクサクの上山秀~かみのやましゅー

「だんご本舗たかはし」さんのお菓子は、どれも名前が凝っていますね。

「ほんてん!黒いどらショーケース」の隣にあったのは、お米で作ったシュークリーム、「上山秀~かみのやましゅー」税込120円です。

「上山秀~かみのやましゅー」は、山形県産米「つや姫」を使ったクッキー生地のシュークリームで、中のカスタードもつや姫米粉で炊いてあって、北海道産純生クリームのホイップと混ぜ合わせています。

注文を受けてから中のクリームを詰めているので、要冷蔵のうえ賞味期限は当日

1個からでも購入できますが、残念ながら地方発送はできないので、お店に行って買うしかありません

そういう意味では、「ほんてん!黒いどら」よりもレアっしょ。

 

ボクは、この「かみのやましゅー」もキャンプ場で食べたので、興味のある方は、キャンプ記事を読んでください

あ、そうそう。たまーに記事内でもふれているんですが、ボクは、食にこだわりがありません。

味より量、量より栄養重視の食事しかしてないので、味覚音痴なんですよねー。

食レポ的なのは、期待しないでくれると助かりますデス、ハイ。

本命登場!本物のおだんご「かみのやまだんご」

お店のちょっと奥まったところに、大本命、「かみのやまだんご」税込120円が鎮座していらっしゃいました。

おう、これこれ。ボクは、これを食べるために上山市まで来たんですよ。

お味の種類は、定番あんの「しょうゆ」、「ずんだ」、「つぶあん」、「黒ごま」、「くるみ」と、季節限定の「さくらあん」の6種類です。

「かみのやまだんご」は、精米したの山形県産のうるち米(はえぬき)をじっくり蒸かした1本1本手作りのコシが自慢のおだんごです。

お店が創業した大正七年に初代店主「伝蔵」さんが「かみのやま温泉」駅前に店を構えたころは、近所に多くの工場があって、そこで働く女工さんや多くの方々から「おんちゃんみせ」と呼ばれていたんだそう。

こちらも「上山秀~かみのやましゅー」と同じくお店でのみ購入可能で、日持ちは当日です。

おだんごは、注文を受けてからタレをかけるとのこと。

そして、保存料や添加物の使用は一切なし

そのため、時間が経つとおだんごが固くなっちゃうので、なるべくお早めに食べなくちゃ本当のおいしさが味わえません。

はい、これは、お店でいただきましょう。

6つ全部食べちゃおうかなあって思ったんですが、ふらっとおっさんが一人バイクでやってきて、だんご6本も食っていったら、あとあとお店の語り草になるかもしれないので、ちょっと遠慮して、定番中の定番「しょうゆ」、「ずんだ」、「つぶあん」の3つを注文。

お店の方に「食べていきます!」と高らかに宣言しました。

 

イートインスペースは、お店の入り口と奥にありますが、奥の席にはお子様連れの地元のお母さんがおりましたので、邪魔をしないよう、ボクは入り口付近の席に座ります。

ほどなくして、お店の方が、お皿におだんごをのせてきました。

冷たいお水も用意されていて、たぶん、セルフだったのでしょうが、わざわざコップに注いて持ってきてくれました。

ありがとうございます。

お店には、ご年配の男性の方と女性の方がいらしたんですが、とくに男性の方は口数は少なく、いわゆる職人さんのような雰囲気でした。

いわゆるセールストークをバンバン飛ばしてくる愛想の良さはありませんけど、何気ない所作に気遣いが感じられて、ほっこりくつろげる居心地のよさにつながってるなーって思いました。

ちなみに、おだんごを持ってきてくれたのも、お水を入れてくれたのも、職人風のご年配の男性の方でした。

あ、お世辞とか提灯記事じゃないっスよ。

ボクは、お店の雰囲気がけっこう気に入ったんで、この日、午前中に行ったあと、午後も行ってますから(笑)

 

どーん!おだんご登場!

ひゃー、うまそー!

まさに、おだんごっスね、コレ。真だんごですわー。

そういや、だんご三兄弟という歌がはやったとき、それまで4つだったおだんごをわざわざ3つに減らし、歌の人気にあやかろうとしたうえ、コストの削減までしようとした不届きな店が増えたとかいう話もありましたが、ここ、だんご本舗たかはしさんは、ちゃーんと1串におだんご4つです。

あ、ちなみに、おだんごって、もともとは京都府下鴨神社の祭りのときのお供え物で、1串5つが基本だったんですよ。

だから、今でも京都府を中心に関西地方は1串5つのお店も多いようです。

江戸時代には1串5個5文というのがおだんごの相場だったんですが、1756年(宝暦6年)九代将軍徳川家重のころ、4文銭ができたんです。

で、どさくさに紛れて、この4文銭を1枚しか支払わないで1串5文のおだんごを食べる客が多かったらしく、お店が対抗して1串4つにしたんだそうですよ。

それが今につながるので、特に関東から北のほうは1串おだんご4つが一般的になりました。

というお話はさておき、さっそくいただきましょう。

 

まずは、「ずんだ」から。

おだんごひとつの形は俵型。大きすぎず小さすぎず。まさに定番と言った感じ。

一口食べてわかるのが、おだんごの弾力。

もちっとしています。かと言ってべたつくゆるさはありません。

けっこう力を入れないと噛み切れない。コシの強いうどんと言ったらわかってもらえるでしょうか。

ホント、もっちりもちもちです。

おだんご自体の味は淡白で、米本来の味だけで勝負という雰囲気を感じます。

「ずんだ」は豆の風味を強く感じます。甘さは控えめ

「ずんだ」っていうのは、枝豆とかそら豆をすりつぶして作るペーストのことで、東北の郷土料理のひとつです。

とくに宮城県が名産品としていますね。

この「ずんだ」、豆感が良く出てますよ。かと言って、口に残るほどあらびきでもない。

ふんわり香る豆のにおいが口いっぱいに広がります。

「ずんだ」はその香りとぼやっとはっきりしない味わい、そしてすりつぶした豆の舌ざわりから好き嫌いがあるようですが、東北地方に来たら一度食べてみることをおススメしますよー

 

次に「しょうゆ」を食べましょう。

一般的な「みたらし」よりもタレがゆるく、あまじょっぱい醤油の味わいが、まさに「しょうゆ」です。

砂糖よりも醤油が効いてますねー

とってもなめらかなタレが、おだんごの弾力とあわさって、つきたてのお餅を食べているかのような気になります。

お皿に残ったタレがね、串だとうまくすくえないんですよ。

スプーンを探しましたが、ありませんでした。

さすがにお皿をなめるのははしたないしー、残念あきらめましょう(笑)

 

最後に「つぶあん」をいただきます。

「あんこ」は、見てのとおり、これまた定番のつぶあんで、惜しげもなくたっぷりつけらてます。

お味は、かなり甘さ控えめで、砂糖のくどさはまったくなし。

甘いものが苦手な人でも余裕でいけちゃうでしょ。

ただし、ボクは、甘いモノ大好きなんデスよ。

「あんこ」は歯にしみるくらい甘くてもOK。

そういうヒトだと、ちょっと甘さが控えすぎてて、物足りなく感じるかもしれません。

 

おだんごと抹茶のセットとか、そのほかのメニューも充実しているので、だんご本舗たかはしさんに来たら、ぜひぜひお店の中で食べてみることをおススメしますよー

ボクがお店によったときも、けっこう、地元のおばちゃんとかがおしゃべりしながらお茶してたりとか、ホント、地元の人に愛されているお菓子屋さんだなーって思いました。

甘いモノって、食べると幸せになるじゃないですか。

でも、それって、甘いモノだけの力じゃなくて、いっしょに食べるヒトとか、その場の雰囲気とか、そういうのをひっくるめて幸せにつながっているんじゃないかなーって思ってます。

「だんご本舗たかはし」さんのお菓子は、とってもおいしいのでどこでたべても幸せになれるんでしょうけど、お店で食べるとより幸せになれること請け合いですよー

「だんご本舗たかはし」さんの店舗紹介

ジャンル:和菓子、洋菓子

店名:御菓子司だんご本舗たかはし

住所:〒999-3134 山形県上山市矢来2-1-41

電話番号:TEL 023 (672) 3357、FAX 023 (672) 3353

営業時間:8:30~18:00(月~土)、8:30~17:30(日・祝祭日)、年中無休(年末年始も営業)

駐車場:タイムズ24さん利用で駐車料金1時間サービス

※2018年6月の情報です。

詳しくは、お店のHPをご覧ください。

地図

おススメの人気記事はこちら!



-■ご当地グルメ, ◆東北, 山形県
-,

Copyright© MOTO Campers , 2019 All Rights Reserved.