■ご当地グルメ コンビニスイーツ

【食レポ】チョコミン党必見!和洋折衷「どらソフトチョコミント」

投稿日:2019-02-09 更新日:

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

そして、全国チョコミント党のみなさん、こんにちは。

ローソンのチョコミントタルトを紹介したとき熱く語ったように、ボクはチョコミン党の党員です(笑)

子どものころからチョコミントが大好きで、サーティーワンに行ったら必ずチョコミントアイスを注文していました。

チョコミントフレーバーって、“歯磨き粉の味”って言われがちですが、ぜんぜんそんなコトないでしょ。

だって歯磨き粉には、チョコチップなんて入ってないし~

歯磨き粉は歯磨き粉、チョコミントはチョコミント、まったくの別物!

一緒にしないでいただきたいですね~

ミントのあのスーッとした心地よい清涼感

まんべんなく散りばめられた、チョコチップのパリパリ食感

子どものころ、まわりには「チョコミント味好き」って子がいなかったので、「ボクは大人の味が食べられるんだー」っていう優越感にひたれたことも、さらにチョコミント熱を高めたように思います。

 

さて今日は、セブンイレブンからちょっと変わったチョコミントのお菓子が販売されていました。

そのセブンスイーツとは、

セブンイレブン “どらソフトチョコミント”(税込162円)

です。

こちら、セブンイレブンの“どらソフト”シリーズの新商品ですね~

さぁ、それではチョコミン党が大注目のスイーツ“どらソフトチョコミント”について、隅から隅までくまなくチェックしていっちゃいますよ~

ミントカラー×ダークブラウンのコントラストがクール

さてさて、まずは、恒例の容姿チェックいっちゃいます。

 

みなさん見てください。

この、キレイなミントカラー×ダークブラウンのハッキリとしたコントラスト。

いやぁ、実にクールなお姿ですね。

ボクとは正反対のちょっと知的な草食系男子といったところでしょうか。

ふんわりとしたミントホイップを、ダークブラウンカラーのもちもちココア生地が、くるっと、それはそれはお上品に包んでおります~

そしてシースルーパッケージにプリントされている説明を、よく見てみますと、この、ふんわりミントホイップが顔を出した部分には、ジグザグに描かれたチョココーチングが!

さらにパッケージに包まれたままだと少し確認し辛いのですが、ミントホイップの中には、チョコチップまで隠されていることが分かります。

毎度毎度そんなにサービスしてくれるなんて、セブンイレブンの開発担当の方、太っ腹ですね~

ふんわりミントとパリパリチョコが織りなすハーモニー

ではでは容姿チェックが完了した所で、さっそくシースルーパッケージを開けてみたいと思いまーす。

ピリピリ…

 

お!パッケージから取り出してみると、丁度良い手のひらサイズで、パクっと食べやすそう~

これがセブンイレブン“どらソフト”シリーズの魅力ですよね。

新種のステキな和風クレープって感じ~

過去には、2017年6月13日発売の「どらソフト メープル&あんホイップ」、2018年8月29日発売の「どらソフト イタリア栗の和もんぶらん」などがありました。

 

お皿にのせてみると、ますますグッドルッキングじゃないですか~♪

それではさっそく、この目の覚めるように清々しいミントホイップとしっかりとのせられたチョココーチングをいっしょにいただきましょう。

ふんふん…スッキリとしたミントのいい香り~

いただきまーす!

 

ほぉっ!ホイップは見た目どおりのなめらかさ~

さわやかなミント味のホイップが口の中でとろけて、後からミント特有のあの清涼感が味わえますね。

いっしょにいただいたチョココーチングもパリッとした食感で、いいアクセントになっていておいしいです。

チョココーチングがかかっている部分に、ミントの葉っぱをのせてもいいかな~?と最初は思ったんですが、食べるときにはミントの葉はよけてしまうので、こちらのチョココーティングをかけたのは大正解ですね~

コリッ!やみつきチョコチップ

ミントホイップとチョココーティングのおいしいコラボには太鼓判をドーンと押しちゃうのですが、隠されているという噂のチョコチップさんはいずこへいらっしゃるのでしょう?

ちょっとクリームをほじほじさせてもらってと…

 

あ!あったあった!これが初お目見えのチョコチップですね?

5㎜くらいの大きさでしょうか~

こちらがミントホイップの中で、上手に水玉模様を描いています。

こちらを単品でいただいてみると…

あら?意外や意外、コリッとした食感

ミントホイップの影響で、もしかしたら水分を吸ってやわらかくなっているのかな~?と思ったんですが、ちゃんと歯ごたえがありますね。

溶けにくいタイプのチョコチップを使用していることが分かりました。

うんうん♪このコリッとした食感は、やみつきになりそう~!

どらどら?もちもち生地のお味は!?

おいしく歯ごたえのあるチョコチップで気分が上がったところで~

お次は、もちもちココア生地をいただいてみましょうかね。

匂いを嗅いでみますと、ふむふむ、ブラックココアのような香りがしますね。

甘くてコクのあるココアというよりも、ビターで大人の味って感じのココアの香り

それにこうしてよくよく見てみると、ココア生地に竹炭が入ってるようにも見えちゃいますね。

それくらい、暗いトーンのブラック。

はたしてこちらのココア生地は、どんなお味なのかなっと♪

 

んん~……やっぱり匂いから感じたとおり、甘みがかなり少ないココア味ですねぇ。

厳しめに言っちゃいますと、単体で食べると、そう美味しくはないです…(笑)

でも、単体で食べると!だからね。ここはあえて強調させてくださいね!

食感はパッケージの説明にもあったとおり、もちもちっとしています。

これぞ和洋折衷スイーツ!

お待たせいたしました。一気にいっちゃいますよ~

フォークで、こんもりとすくって~いただきまーす!

 

もぐもぐ。

あら!すべていっぺんに食べると、とってもGOODなお味です!

ビターなココア生地が、ミントホイップの清涼感をうまく調和させていますね。

そして相変わらずコリコリとした食感のチョコチップがいいアクセントになっていておいしいです~☆

チョコチップいい仕事してる~

たいていチョコミントに入っているチョコチップと言えば、小さくて薄い、パリパリのシェイブタイプ(削ったもの)が多いんですが。

このチョコチップのようにコロコロして歯ごたえのあるタイプは新鮮でいいですね。

新しい発見。この硬めのチョコチップを高評価ですね~♪

和菓子の代表とも言えるどら焼きと洋風スイーツの新旋風チョコミントがマッチして、スイーツ界に新しい風を吹かせたといっても過言ではないのでは?

若草色が美しい抹茶や、密やかに愁いを帯びた黒みつが純日本ってとこなら、チョコミント×どら焼き生地の“どらソフトチョコミント”は、新感覚・和洋折衷なクレープですね~

セブンスイーツアンバサダーの ハレロゴ からひとこと

新感覚、和洋折衷スイーツ・どらソフトチョコミントの出現

そして、コリコリチョコチップの意外なマッチングには、とっても驚いてしまいました。

最近出回ることが多くなってきたチョコミント商品。

しかし、根っからのチョコミン党のボクをもあっと驚かせる、チョコミント×どら焼きの意外な組み合わせ。

そして“チョコミントのチョコはシェイブタイプが基本”といった、ボクの概念を打ち砕く、硬めチョコチップの隠し玉には完全に敗北です。

この2つの点は高評価だな~

しかし残念なポイントといえば、「ココア味のどら生地のお味がいまいちだった」という事ことです。

ミントクリームやチョコチップとのバランスを考え、あえて苦めのブラックココア風味にしたのだろうとは思うのですが。

それにしても、もう少し甘みが欲しかったですね~。

ということで、今回のどらソフトチョコミントは、といったところでしょうか。

 

どらソフトチョコミントは、単品でいただいても、個人の個性や持ち味を主張できる。

全てをいっしょにいただくと、各個性をぶち壊すことなく調和をとって、さらに高みを目指せる。

言ってみれば団体戦。各素材たちのチームプレイですよね。

これが、一つのスイーツが、最も大事にするべき“黄金のルール”。

それをクリアしたスイーツこそが、最強のスイーツと言えるのではないでしょうか。

 

どらソフトチョコミントは、お値段税込162円という事もあり、その価格設定では優秀なスイーツと言っても良いと思います。

チョコミン党のみなさん!

そして、最近チョコミントの美味しさに目覚めたというあなた!

“どらソフトチョコミント”が気になったなら、今すぐお近くのセブンイレブンへGOですよ。

じゃ、また。

おススメの人気記事はこちら!



-■ご当地グルメ, コンビニスイーツ
-

Copyright© MOTO Campers , 2019 All Rights Reserved.