■ご当地グルメ コンビニスイーツ

日本で初めてチョコミントが販売された日、いつだか知ってますか?

投稿日:2019-01-27 更新日:

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

ローソンのチョコミントタルトの食レポ記事を書いたとき、「日本ではじめてチョコミントが発売されたのはいつなんだろう?」って疑問に思って調べてみたんです。

今日は、その結果をみなさんに紹介しますね。

日本第一号のチョコミントはサーティワンアイスだよ

ボクが生れてはじめてチョコミント味を食べたのは、江崎グリコが1983年に販売を開始した自動販売機用のアイスクリーム、セブンティーンアイスだったかなあ。

セブンティーンアイスは、「17種類の味」と「17歳の女子高生向け」からセブンティーンって名付けられました。

当時のナウなヤングはみんな食べていましたね(笑)

セブンティーンアイスの第一号機はボウリング場でした。

アミューズメント施設で食べることを想定していたので、スプーンで食べるカップタイプはありませんでしたね。

日本ではじめてチョコミントが売られたのは、セブンティーンより早い1974年(昭和49年)4月23日、サーティーワン1号店としてオープンした目黒店だそう。

泉麻人さんが書いた「おやつストーリー」という本に書いてあります。

おやつストーリー (講談社文庫)

おやつストーリー (講談社文庫)

オカシ屋 ケン太, 泉 麻人
発売日: 1995/12/01
Amazonの情報を掲載しています

 

昭和49年当時は、まだミントという言葉や味が一般的ではありませんでした。

ハッカ味という表現が使われていたんですよ。

それで、よく例えられたのが「歯磨き粉の味」ですね~

アンチチョコミン党の方は、歯磨き粉を連想させる味と食欲をそそらない青系の色が好きになれないようです。

それでも、チョコミン党が応援し続けた甲斐があって、昔はひっそりとアイスケースのすみにいたチョコミントが、今じゃドドーン真ん中にいることも多くなりました。

アイスメーカーの調査でも確実に売り上げが伸びているそうです。

海外のチョコミントってどんな歴史を持つの?

まず、植物のミントの歴史から紹介しましょう。

ミントは今から3500年前、当時のギリシャで薬として使われていて、歴史上最も古い栽培植物の一つと言われています。

ミントがお菓子と出会うのは、ず~っとず~っとあとのこと。

しかも、チョコレートではなくキャンディでした。

それが1914年。アメリカのウィリアム・リグレー・ジュニア・カンパニーという食品加工会社が、ライフセーバーというキャンディにミント味をつけたのがはじまりと言われています。

知ってますか?ライフセーバーキャンディ。

浮き輪みたいな形してるキャンディです。

もともとライフセーバーキャンディは、夏の暑い時期に売れ行きが落ちるチョコレートの対策商品として販売されたお菓子でした。

リグレー社は、2008年にM&M'sチョコレートで有名なアメリカのマース インコーポレイテッド社に買収されてしまって今はもうなくなっちゃいましたけどね。

 

1939年には、米国ガールスカウトのクッキーが、クッキーミント(Cooky-Mints)を発売。

ガールスカウトとは、スカウト運動と言う青少年運動活動をしている組織のひとつで、1917年から資金調達のための募金活動としてクッキーを販売していました。

今は米国パンメーカーのlittle brownie bakers社がライセンス生産していて、ミントはもっとも人気のあるお味のようですね。

2017年で販売100周年。今じゃネットでも買えるようになってます。

 

さらに1949年には、ジェームス・O・ウェルチ社がジュニアミントというクリーム色のミントを入れてダークチョコレートで表面をコーティングしたキャンディを発表しました。

これがアメリカの方に熱狂的なまでに支持されたんだって。

なんで、「キャンディ」って表現されているかっていうと、ボクたち日本人はキャンディというと飴を思い浮かべてしまいますが、アメリカの方の言うキャンディはもっと広い意味で、甘いお菓子全般(ただし、ドーナツやクッキー、ケーキなどのように粉を原材料にしたお菓子は除く)を指すことがあるからなんです。

日本でいう「スイーツ」みたいな表現でしょうか。

いずれにせよ、ボクはジュニアミントが世界初のチョコミントだと思いますね。

いよいよチョコミント味のアイスクリームが登場するよ

1973年、アメリカのマリリン・リケッツさんがイギリス南デボン大学に留学中、アン・プリンセスさんとマーク・フィリップスさんの結婚式で行われたアイスクリーム作りコンテストに参加して作ったアイスが、ミントチョコレートフレーバーの「ミントロイヤル」でした。

もちろん、コンテストでは優勝。

これが世界初のチョコミントアイスです。

日本で最初に販売されたが1974年だったから・・・わずか1年で日本に入ってきたってことになりますね。

たぶん、アメリカでものすごく人気が出たんでしょう。

アメリカのチョコミン党の大活躍によって、一気に知名度が上がって、すぐに日本にも伝えられたものと思います。

ちなみに、米国全国菓子協会は、2 月19日を「チョコレートミントの日」にしていますわね。

だれがなぜこの日にしたのかはわかっていないようですけど(笑)

日本のチョコミン党も普及活動に力を入れれば、日本でももっともっとチョコミントが人気が出るかもしれませんね~

おススメの人気記事はこちら!



-■ご当地グルメ, コンビニスイーツ

Copyright© MOTO Campers , 2019 All Rights Reserved.