■日常

抗酸化物質アスタキサンチンの抗老化効果がすごい!

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

最近、このblog内の「健康と運動(ダイエット)に関する記事」を読んでくれる方が多くなってきました。

もともと、キャンプとバイクツーリングの記事をメインにしていたんですが、健康や運動、ダイエットも本気で取り組んでいるので、めっちゃうれしいです。

 

さて、いきなり自分語りで恐縮ですが、ボクが子どものころ、とあるアニメで赤色がトレードマークのキャラクターがいました。

そやつは、主人公並みに目立っていて、3倍速いのが特徴です(笑)

そのボディカラーの赤色なんですが、 自然界にも存在します。

トマト、ロブスター、にんじん、み~んな赤色をしていますよね。

この赤色の基になっているのが、カロテノイドという色素なんです。

カロテノイドは、水に溶けにくく油に溶ける脂溶性の性質を持っていて、カロテン類とキサントフィル類の2種類に分けられます。

カロテン類の代表的なモノが、β-カロテンやリコピンなどです。

キサントフィル類の代表的なモノとしては、ルテインやアスタキサンチンなどがあります。

カロテノイドは、活性酸素の発生を抑え、取り除くという「抗酸化作用」をもつ成分として注目されているんです。

特にカロテノイド群の中でも抜きん出た強力なパワーをもつと言われているのが、今回紹介する、アスタキサンチンってワケ。

アスタキサンチンの抗酸化・抗老化効果について語ると、おそらくみなさん、「へー」とか「ほー」とかビックリすると思うんで、期待して読んでね~

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、にんじんに含まれるβ-カロテンや、トマトに含まれるリコピンなどと同じカロテノイドの一種です。

じつは、動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできないんです。

アスタキサンチンは、ヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類に含まれていて、オキアミなどの動物プランクトンがそれを食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれていきます。

つまり、アスタキサンチンは植物由来のカロテノイドということになるんですね~

サケっていう魚がいるじゃないですか。

スーパーマーケットの鮮魚コーナーとかに並んでいる切り身とか、ちょっと赤っぽいでしょ?

でも、じつはサケはね、もともとマスと同じ白身の魚なんですよ。

だけど、アスタキサンチンを筋肉中に溜め込んでいるために、いわゆるサーモンピンクになっているんですね~

どうです?ちょっとオドロキじゃないっスか?

産卵のために川を遡るサケは、たくさんの酸素を取り込むので体内で絶えず活性酸素が発生しています。

その活性酸素を取り除くために、筋肉中にたくさんのアスタキサンチンを蓄えているんです。

また、たんぱく質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色になるんですが、加熱によりたんぱく質が変性してアスタキサンチンが離れると、本来の赤色に戻るという性質があります。

エビやカニのような甲殻類を茹でると赤くなるのは、この現象によるものなんですね~

へ~って、思わず言っちゃいませんでしたか?(笑)

活性酸素が原因で、さまざまな病気になる

ボクたちは、呼吸によって1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れています。

その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出していますが、この過程で取り入れた酸素の0.1~2%分が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わります。

もともと活性酸素には、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があるんですけど、必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで酸化してしまうため、老化の引き金になっちゃいます。

加齢とともに動脈硬化やがんの発症にも活性酸素が深く関わっているんですね~

参考記事

老化の原因は活性酸素。食事と生活習慣の見直しで老化を防ぐ

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 最近、なぜか「健康と運動(ダイエット)に関する記事」へのアクセスが急上昇。 キャンプツーリングに ...

続きを見る

アスタキサンチンのここがすごい

体内で最も活性酸素の標的になりやすいのは、どこだと思いますか?

答えは、酸化されやすい脂肪でできている細胞膜なんです。

活性酸素が細胞内の遺伝子に直接作用すると、細胞が「がん化」する危険性がでてきます。

アスタキサンチンは、細胞膜を貫通したカタチで取り込まれ、細胞膜の中心部と表面の両方で抗酸化力を発揮することができるんです。

アスタキサンチンがスゴイのは、その抗酸化力だけではありません。

アスタキサンチンの大きな特徴は、脳と目の中でも働くことができる数少ない抗酸化物質成分であるということなんです。

脳と目にはフィルターがあって、不用な物質はすべてはじかれてしまいます。

ビタミンCやビタミンE、βカロテンなどの抗酸化物質でさえ通れないんですね~

アスタキサンチンは、ほかの抗酸化物質が通れないこの関所を通過することができる数少ない物質なんです。

また、アスタキサンチンは、美容の面からも効果が期待されています。

シミやシワなど肌の老化の原因である、紫外線によって発生する一重項酸素という活性酸素に対して、もっとも効果が高いことがわかっています。

研究によると、アスタキサンチンはビタミンEの約550倍、β-カロテンの40倍もの効果を発揮するそうです。

まとめ

カラダの酸化による老化現象、そして、がんなどの生活習慣病のリスク増大。

老化の原因は活性酸素にあります。

そして、活性酸素には、抗酸化物質で対抗することが必要になってきます。

この活性酸素に対してアスタキサンチンは、カラダのいたるところで活躍することができる物質です。

とくに目や脳など、通常の抗酸化物質が入れない場所で抗酸化力を発揮します。

常日頃からにアスタキサンチンをとっていると、その優れた抗酸化作用により、老化を遅らせることが可能となります。

抗酸化物質を含んだ、ニンジン、トマト、サケなどの赤い食材を積極的に食べて、老化を通常の3倍ほど遅らせてみてはいかがでしょうか(笑)

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥3,440 (2021/06/15 18:10:12時点 Amazon調べ-詳細)

おススメの人気記事はこちら!



-■日常
-

© 2021 MOTO Campers