■キャンプ場 ◆東北地方 福島県

【無料キャンプ場】家族連れにもおススメ!茂庭広瀬公園キャンプ場

投稿日:2018-11-17 更新日:

【更新情報】2019年4月24日更新

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

茂庭広瀬公園(もにわひろせこうえん)キャンプ場は、福島県の県庁所在地福島市の北に位置する摺上川(すりかみがわ)ダム直下の広大な敷地に整備された無料のキャンプ場です。

管理は福島市がしています。

公園内には50区画のキャンプサイトと関連施設のほか、ターザンロープなど遊具が整備されています。

サイトの隣を流れる摺上川沿いには水と触れ合える親水公園があり、自然と親しむ環境も整ってますね~

運動やスポーツが楽しめる多目的広場、イベントに利用できる屋外ステージも併設されているし、すぐそばには福島市営の公衆浴場「もにわの湯」農産物直売所と手打ちそば店を備えた「茂庭ふるさと館もあります。

この素晴らしくきっちり整備された使い勝手バツグンの場所が、無料なんすよ、無料!

茂庭広瀬公園に行くと、マジ、ビックリしますよ。

え!?ここ、下手なオートキャンプ場の何倍もすげぇ」って。

ホント、家族といっしょにキャンプを楽しむには最高の場所じゃないかなあ。

ただし、3点ほど気をつけなきゃいけないところがあります。

ひとつは、利用日の午後4時頃までに、茂庭広瀬公園の施設利用申請の窓口となっている茂庭生活歴史館で受付をすること

もうひとつは、風がめちゃくちゃ吹く日があること。

最後に、利用可能な期間は4月から11月までということです。

では、これから茂庭広瀬公園を詳しく説明しますね。

 

2019年4月24日更新

管理者に確認したところ、2019年4月27日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中は、予約でいっぱいとのことでした。

この間、ご利用になる方は、事前にお電話をしてから行かれることを強くお勧めします。

アウトドア用品 採算度外視!在庫一掃売り尽くし!

茂庭広瀬公園までのルート

茂庭広瀬公園は、最寄りの繁華街、福島市の飯坂温泉距離12.3km、所要時間19分の場所にあります。

東北自動車道福島西インターチェンジからだと距離15.4km、所要時間約23分です。

茂庭広瀬公園の魅力は、福島市が誇る温泉町のひとつ「飯坂温泉」から20分程度の距離にあることです。

飯坂温泉は、福島市郊外の北西、栗子連峰の麓に位置する温泉街で、「福島の奥座敷」の異名を持つ温泉一色の街です。

ヤマトタケル伝説にも登場する古湯で、2世紀頃からの歴史を誇ります。

宮城県の鳴子温泉(なるこおんせん)、秋保温泉(あきうおんせん)とともに、奥州三名湯とも言われていますね~

そして、その飯坂温泉から茂庭広瀬公園に向かう途中の景色はそれはそれは見事なモンですよ。

今回は、秋真っ只中に行ったので、紅葉がじつにすばらしかった。

ツーリング記事のほうに道中の写真がありますので、興味を持った方は、そちらも読んでくれるとうれしいな。

 

では、茂庭広瀬公園に向かうルートを簡単に説明しますね。

国道13号線を福島市内から山形県に向かって北上すると、飯坂温泉を示す案内標識があります。

でも、最初の標識に従って「福島交通飯坂線の線路に沿って右折すると、飯坂温泉の中心地に向かってしまう」ので、そこでは曲がらず、さらに700mほど国道13号をまっすぐ北上します。

 

すると、県道5号線と摺上川ダムを示す標識がである交差点が見えるので、ここを右折します。

 

この表示板の先が丁字路になっているので、案内板に従って左折すれば、あとは国道399号線を道なりに10kmほど行くだけです。

はい、ここでボクが最初にあげたひとつめの注意を思い出してください。

「利用日の午後4時頃までに、茂庭広瀬公園の施設利用申請の窓口となっている茂庭生活歴史館で受付をすること」

これ、ですね。

茂庭広瀬公園を利用するためには、茂庭生活歴史館の窓口に行って受付しなければダメなんです。

なので、途中、キャンプ場の案内板があっても無視、無視。

ナビ設定は、キャンプ場ではなく「茂庭生活歴史館にしてください。

あ、キャンプ場から歩いていこうとか思わないほうがいいです。

キャンプ場と茂庭生活歴史館は、距離1.7kmくらい離れてますから。しかも途中はけっこうな坂道。

先に茂庭生活歴史館で受付しましょう。

茂庭広瀬公園キャンプ場の施設紹介

コレが、茂庭広瀬公園の周辺案内図です。

案内図で説明すると、国道399号を福島市方面から来た場合、右手から左手に走ってきます。

受付は、左上の茂庭生活歴史館です。

キャンプ場へは、茂庭生活歴史館手前の道から入るようになります。

入浴施設や売店は、もにわの湯を利用すると便利ですよ。

左端が摺上川ダムですね~

図面だとあまり伝わらないかもしれませんが、ちょー巨大です。

近くに行くと恐ろしさすら感じるくらい圧倒されちゃいますよ。

茂庭広瀬公園キャンプ場の管理者について

福島市が管理してて、利用受付は茂庭生活歴史館が行っています。

リンク先の福島市のサイト上には、「個人利用の場合には、1か月前から予約を受付けており、予約後、使用日の3日前までに茂庭生活歴史館窓口にて使用申請をする。遠方などで来館ができない場合は、郵送、ファクスでも申請可能」などと記載されています。

キャンプ場の利用に限っては、前もって電話予約さえ入れておけば、利用当日に窓口で申請書を書けばOKです。

もちろん、土日、祝祭日も大丈夫

ただし、茂庭生活歴史館の営業時間は9時から17時までですし、業務の都合上、遅くとも「16時まで」には来てほしいそうです。

利用許可申請書や記入例などは、上記リンク先からダウンロードできますので、遠方からお越しになる方は、先に申請書を作成しておいてもいいかもしれませんね。

茂庭生活歴史館について

茂庭生活歴史館は、国道399号線を山形方面に向かって北上すると、茂庭広瀬公園のちょっと先にあります。

 

ここで受付をして、申請書をもらいましょう。

住所や名前、使用目的を書くだけ。簡単です。

福島市のホームページからダウンロードして、事前に書いたものを提出してもOK。

受付が終わると「利用許可証」、「キャンプ場の図面」、「注意事項」と「キャンプサイトの番号札」を渡されます。

許可証などの書類はそのままもらえますが、番号札は利用後に茂庭生活歴史館へ返すことになります。

茂庭生活歴史館は午前9時開館なので、それより早く出発する方は、入り口ドアなどに挟んでおけばいいそうです。

 

これが番号札。

 

で、こっちがキャンプ場の図面です。

 

受付が終わったら、国道399号線を福島市内に戻るように進み、写真の丁字路交差点を右折して道なりに進めば、キャンプ場に到着です。

駐車場について

キャンプサイト手前に駐車場とトイレがあります。

駐車場はアスファルト舗装で、普通車約50台駐車可能とのことですが、砂利敷きの部分も含めれば、もっともっと止められます。

枠線もないので、キャンピングカーなどのデカイ車でも堂々と止められますよ~

 

じっさいのところ、キャンプサイトの隣にも駐車可能なスペースがあって、利用者が少ないときは、みなさん、こちらに駐車してます。

ちなみに、この道は行き止まりで、奥にUターン可能な場所もあるので、混雑時に止めるとかとか道路部分に大きくはみ出すとかしなければ、迷惑がかかることはないと思います。

キャンプサイトについて

茂庭生活歴史館から渡された地図には、50区画分が区切られているようになっていますが、じっさいの場所に枠に表示はありません。

テントの場所は、いちおう指定されるんですが、区割りされているわけじゃないので、状況によっては移動しても問題ないと思います。

ボクのようにソロキャンパーの場合、キャッキャウフフしている家族連れの方のテントに挟まれると、いろいろつらいですからね~(笑)

区割り外もちょっと荒れてはいますけど、整地されていてテント設営できますよ。

 

こんな感じの芝生のフリーサイトになっています。

バイクを含め、車両の乗り入れはできませんが、先ほど説明したようにすぐそばに車を止められるので、荷物の搬送にも苦労はしないでしょう。

サイトは、すべての区画がほぼ平坦で、芝の状態もよく、水はけもけっこうよさげ。

地面の固さもちょうどよく、アルミのペグでも問題なく打ち込めます。

ボクは、夏場は利用したことはありませんが、残念ながら日陰になるようなものはありません。

夏場はタープがあるといいかも。

携帯電話の電波は、NTTdocomoは4Gフルで入りました。

ラジオはFMがほとんど入りませんでした。

気温は、11月上旬の夕刻で15度くらい。朝方には10度を切ります。

秋口は、防寒の準備も忘れずに。

 

そして、このキャンプ場を利用するにあたっての注意点2つ目。

めちゃくちゃ風が強い日があるってコト。

ボクが利用したときもそうだったんですが、日中からかなりの風が吹いてました。

ダム方面から山間を抜けて風が下りてくる感じなんです。

風速で言うと、10m近い時間帯もありました。

ファミリー用のテントを大人5人がかりで張って方々がいたんですが、強風にあおられ、相当苦労してましたね。

夜になり20時を過ぎたあたりから落ち着いてきたので、寝ているときは問題なかったのですが、朝方7時頃からまた強く噴き出しました。

ホント、季節によっては、日によっては、ビックリするくらい強い風がず~っと吹き続けることもあるので、風対策は考えておいた方がいいです。

動物に関しては、サルが出ます。

ボクはキャンプ場付近では見かけませんでしたが、食べ物を外に放置して寝ることはやめましょう。

 

茂庭広瀬公園でのルールは、こちら。

ま、当たり前のことですね。

直火は禁止、ゴミ持ち帰りです。

ともかく、無料キャンプ場としては、つーか、そこらの有料キャンプ場よりも整備されているなあって感じました。

 

次のページでは、炊事場やトイレ、近くの温泉施設などについてレビューするよ



次のページへ >

-■キャンプ場, ◆東北地方, 福島県
-,

Copyright© MOTO Campers , 2019 All Rights Reserved.