■道具レビュー クロージング

【レビュー】夏場最強!ジオラインクールメッシュTシャツがオススメ

投稿日:2018-06-03 更新日:

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。

バイク乗りのみなさんは、アウターにはけっこう気を使っていらっしゃると思います。

でも、アンダーウェアはどうでしょう。

有名メーカーのアンダーウェアですか?それとも、3枚1000円とかでセット売りしてるモノですか?

アンダーウェア、つまり、下着って、じつはめっちゃ大事ですから。

とくに、夏場。

快適にツーリングしたり、キャンプをしたりできるかどうかは、「下着にかかってる」と言っても過言ではありません。

いや、マジです。

ロードバイク(自転車)乗りの方とか、山登りをやる方は、アンダーウェアの大切さを十分ご存知だと思います。

バイク乗りの方も、今日、ここで、アンダーウェアの大切さを知っちゃってください。

今まで使っていたアンダーウェアを変えるだけで、ホント、世界が変わりますから。

そんなバイク乗りの世界を変えるスゴイ下着は、こちらです。

mont-bell(モンベル) ジオライン クールメッシュ Tシャツ (税抜き価格2,300円)

です。

ボクは、4年以上使ってますが、コレ、夏場最強です。間違いありません。

どこがそんなにスゴイのか、じっさいの着心地なんかを紹介しましょう。

 

2018年12月更新

冬場最強・最高!あったか下着の決定版 モンベル ジオライン ラウンドシャツ 長袖のレビュー記事を書きました

【レビュー】あたたかい冬用下着を選ぶならジオラインが最強なワケ

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 ヒトが快適に過ごすのに重要なのは、温度と湿度。 まあ、当たり前っちゃ当たり前の話ですね~ でも、 ...

続きを見る

 

2018年11月末更新

夏場最強のアンダーですが、冬になっても読んでくださる方がいらっしゃるので、「冬場はどうなの?」ってところを一言で。

保温効果はほとんどありませんが、制菌・防臭効果、吸水性がめっちゃスゴイので、むしろ暖房のきいた部屋では変に汗ばむこともなく、屋内メインの普段着なら何の問題もなし!っていうかおススメですらある!

アウトドア用品 採算度外視!在庫一掃売り尽くし!

ジオラインは糸1本から開発した高性能素材だよ

ぶっちゃけ、夏場に汗をかかないとか無理です。

一日中エアコンのガンガン効いた部屋からでないとかならまだしも、ちょっとでも動けばすぐに汗をかきます。

外に出たら、それだけでブワーっと汗が吹き出すような猛暑日だって何日もあります。

でも、ボクはジオライン クールメッシュ シャツを着て、気づいちゃったんですよ。

暑くても汗をかいても、不快感さえなければぜんぜん平気」ってことに。

モンベルのアンダーウェアは、グンゼやB.V.Dなど有名下着メーカーのモノよりもさらによい。

速乾性や快適さを売りにするユニクロのAIRismより、ずっと上を行きます。

ボクは、夏の下着は100%モンベルです。

ジオライン クールメッシュ シャツは、なにせ、出発点が違います。

ジオラインっていうのは、モンベルがアンダーウエアのために糸一本から独自開発した高性能素材のこと。

制菌・防臭効果や伸縮性、吸水拡散性にもめちゃめちゃすぐれていて、着心地は最高っす。

じつは、ジオラインは、冬場にも強いんですね。

遠赤効果によりカラダを芯から温めながら、極細繊維で作る独自の構造によって繊維と繊維の間に空気をたくさん蓄えることができるので、あたたかさを逃がしません。

ジオライン クールメッシュ Tシャツって、こんな感じだよ

モンベルが開発したすっごい素材のジオラインを、メッシュ地に編み上げて、バツグンの通気性と速乾性を実現したのが、クールメッシュTシャツってワケ。

軽やかな着心地のメッシュ地なので、真夏の暑い時期でも熱がこもりません。

さらに、メッシュ構造ですからね、シャツと肌とのくっつく面積が少ないため、べたつきがないんですよ。

ジオライン クールメッシュ Tシャツは、首周りの形状がVと丸の2種類あります。色も白と黒の2種類。

ボクは、Vネックの白色を6枚と黒色のTシャツを3枚持っていて、仕事用に白色Vネック、オフの日用に黒色Tシャツを着るよう使い分けています。

2018年夏用にVネック白色1枚、黒色Tシャツ1枚を追加購入したので、紹介します。

 

2018年モデルは、このようなパッケージ。

Vネックのほうが、100円お高いんです。

ジオライン クールメッシュ Vネック Tシャツ白色の外観

前面です。重さは52g。ちょー軽い。

そのかわり、スッケスケですねー

モンベルのロゴは首のところにロゴマーク、裾のところにmontebellの文字が入っています。

スポーツ系メーカーのアンダーシャツって、「ウチの商品、どうよ?」って誇らしげにブランドロゴが入ってるじゃないですか。

オフ用だったらぜんぜん気にならないんですが、仕事で白色ワイシャツを着る方は、ロゴが透けるかどうかっていうのも気になるところだと思うんです。

ジオラインクールメッシュシャツのロゴは、首と裾部分にプリントされているので、透けて目立つことはありません。

仕事のときに着ることも考えて作られているのがスゴイ。

 

裏面はこんな感じ。表なのか裏なのかわからないくらいスケスケです。

 

裾にプリントしてあるモンベルのロゴをマクロ撮影してみました。

独特の折柄が見えます。

原糸1本1本に深い溝があるランダム異形断面のため繊維どうしが密着しにくく、吸水拡散性にすぐれているんですよー

ジオライン クールメッシュ Tシャツ黒色の外観

表面です。黒色だったらスケないかなあって思った方、残念。

白色ほど目立たないだけで、やっぱりスケスケです。

裾のところにあるタグが透けて見えてます。

 

こちらが裏面。

 

首元のロゴマークあたりをマクロ撮影してみました。

ジオラインを使ったメッシュ構造が肌との接触面積を少なくし、べたつきを感じさせないんですよー

ボクがジオライン クールメッシュ Tシャツを着てみたよ

ボクは、身長が175cm、体重が65㎏の中肉、中背です。

モンベルは日本のメーカーなので、普段着ている下着のサイズと同じでピッタリ。

じっさいに着てみると、こんな感じになります。

ジオライン クールメッシュ Vネック Tシャツ白色を着るとこうなるよ

スッケスケでごめんなさい。

みなさんが気になる乳首が透けるかどうかですが、バッチリ透けます

クールメッシュTシャツの白色だけを着て外を歩くことは、よほど肝っ玉の太い、腹の座った漢でなければ無理っす。

知り合いにでも見られたら、「ヘンタイ」と呼ばれること間違いなし。

そのくらい生地が薄いんですねー。

また、深Vじゃないので、ワイシャツの第二2ボタンあたりまで開けて胸元を見せようとすると、シャツがチラっとでるので、イマイチ。

まあ、仕事用のワイシャツの胸元をガバっと開けることはありませんが。

クールメッシュTシャツの白色は、あくまでアンダーウェアです。

その上に何かミドルなりアウターなりを着るようにしましょう。

 

後姿はこんな感じになります。

生地が薄いから、地肌がそのまま伝わってくるようです。

肝心の着心地なんですが、綿や綿混のシャツが「サラッ」とした感じだとしたら、ポリエステル100%のジオラインクールメッシュは、「ザラッ」とした肌触りです。

素肌に当たると、ちょっとかゆいような気がして、最初は違和感を覚えるかもしれません。

そのまま着続けると、まったく気にならなくなるのですが、着た瞬間肌になじむような着心地の良さはありません。

熱をこもらないように、肌との接触面積を少なくしてべたつきを抑えているからこそ、ザラッとした感触なのでしょう。

ちなみに、化学繊維100%の下着って、静電気がバチっとしていやだって方もいると思います。

安心してください。

ジオラインは、生地の縫い合わせ部分の糸にカーボン繊維を使っているので、常に自然放電させて静電気による不快感を軽減させますから

ジオライン クールメッシュ Tシャツ黒色を着るとこうなるよ

あえて乳首加工なしの写真を使いました。

黒色Tシャツの場合、乳首はもともと黒いからか、あまり気になりません(笑)

それでも、大胸筋と腹直筋、ヘソのあたりは形がわかっちゃうほど透けて見えてます。

ボクは、そこそこマッチョな体型なんで、アンダーウェアのような肌に直接着る服の場合、いつもと同じサイズでもメーカーによってはキツイことがあります。

でも、ジオラインクールメッシュTシャツは、ストレッチ性がものすごく高く、カラダにジャストフィットしてますねー

なんでも、縮れを持たせたフィラメント(長繊維)を伸縮性のある繊維で包みこんだストレッチスパン糸使っているため、驚きの伸縮性を実現しているとのこと。

いや、ホント、写真を見てもらえばわかると思いますが、大胸筋のあたりとか、広背筋のところとか、すっごくいい感じで伸びて窮屈じゃないんですよ。

下着を着たとき、「なんかサイズがしっくりこないなー」って方も、一度ジオライン製品を試してみてはいかがでしょうか。

 

背面から撮影すると、こんな感じ。

こっちは、ヘンタイっぽくないですねー

黒色という色の特性から、地肌がわかりづらくはなっていますが、それでも、クールメッシュTシャツだけで外は歩くのは難しいかなー

あ、でも、街中ではダメでも、キャンプ場なら許されるかもしれません。

クールメッシュTシャツ1枚だと、ホント、涼しいんですよ。

風は抜けるし、暑さはこもらないし、何よりかいた汗がそのまま吸収されて、どんどん乾いていきます

シャツが汗で濡れてピッタリと肌にくっつくのって、めっちゃ気持ちが悪いでしょ。

そして、なかなか乾かないもんだから、汗が冷たくなって、カラダの体温がどんどん奪われちゃうんですね。

スポーツや登山の場合、運動パフォーマンスが下がっちゃうし、ヘタすると、命にかかわることもあります。

カラダを守るっていう点からも、ジオライン メッシュTシャツはおススメですよ。

 

夏場のアンダーウェア最強がジオライン メッシュTシャツなら、アウター最強はこちら、「クールパーカ

このタッグはまさに伝説級!

スタンハンセンとブルーザーブロディのよう(笑)

【レビュー】今年の夏はモンベルクールパーカで快適バイクツーリング

【更新情報】 2018年7月中旬、猛暑の中、一週間ずっとクールパーカを着てツーリングしたレビューを追加   こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO! ...

続きを見る

ジオライン クールメッシュTシャツは、マジスゴイ

ジオラインクールメッシュTシャツってモノは間違いなくいいんですが、値段がね、2000円を超えちゃってるので、けっして安いとは言えません。

高性能下着をうたうユニクロのAIRismの倍以上の価格ですし。

だけど、やっぱり、買う価値はあります。

乾燥時間は約30分。みるみる乾くよ

ボクは、3年間ジオラインクールメッシュTシャツを着てきましたが、いくらメーカーの説明で、

親水加工によって、カラダから出た汗を素早く吸い上げ、生地全体に拡散させて乾燥させます。」

と書いてあっても、やはり、限界はあるということです。

真夏に運動すれば、めちゃくちゃ汗をかきます。

いくらクールメッシュTシャツが高性能だからと言って、その汗をすべて吸い取って、常にサラサラ状態を保てるわけがないってことです。

だけど、クールメッシュTシャツがスゴイのは、このあとなんです。

たとえば、夏場の山登りにクールメッシュTシャツを着ていったとしましょう。

途中、ドンドン汗をかいて、シャツがじっとり汗でぬれちゃいます。

そのあと、小休止をしたり、山頂についたりして、汗をあまりかかない時間があったとき、あっという間にシャツが乾きはじめるんですよ。

肌に触れている部分が、サラサラになってきて、肌にべとつく感じがしなくなります。

汗冷えから体を守る、驚異の速乾性を実現するテクノロジーの片りんをみたような気になりますよー

だから、洗濯なんて楽勝ですね。

洗って脱水すれば、マジ30分くらいで乾いちゃうんじゃないですか。

キャンプに持っていくのも、予備を入れて2枚で十分ですよ。

その日のうちに乾いちゃいますから。

荷物をなるべく少なくしたい、バイクでのキャンプツーリングにおススメです。

なお、洗濯機を使って洗うときは、洗濯ネットを使うことと、柔軟剤の使用を避けることが推奨されています。

何日着ててもにおわないんじゃないかな

ジオラインクールメッシュTシャツは、制菌効果でにおいません

ジオライン繊維に練り込んだ銀イオンがにおいの元となるバクテリアを時間とともに減少させるからです。

一般的なウェアに施されている「抗菌防臭」っていうのは、バクテリアそのもののを減少にはつながらないので、いずれはクサくなります。

ジオラインは、バクテリアを減少させるため、さらに高い防臭効果を発揮し、半永久的に効果が持続するんですよ。

モンベルのテストでは、18時間後、バクテリアが大きく減少していることを確認しています。

引用元:モンベルHP

ということは、何日着ててもクサならないんじゃないですか、コレ。

荷物を少なくしたい登山用に開発されただけのことはありますね。

バイクでのキャンプツーリングにもピッタリだと思いませんか。

耐久性が低そうだけど、ぜんぜんやぶれてないよ

クールメッシュTシャツは、ひとことで言うなら、ストッキングっぽいシャツです。

なにかに引っ掛かけたりしちゃうと、ビリっとやぶれそうなくらい薄くはかなげな作りになっています。

もっとも、クールメッシュTシャツはアンダーウェアですから、よほどのヘンタイさんでもない限り、コレ1枚で外を歩くことはないとは思いますので、ひっかけて穴が開いたりすることは、そうそうないと思いますが。

耐久性はどんなもんかといいますと、2年以上着たジオラインクールメッシュVネックTシャツがこちら。

 

全体的にヨレて、ちょっと黄ばんだ感じがしないでもないですが、写真だとぜんぜんわかりません。

穴が開いたところはありませんが、糸のほつれや生地が一部薄くなったところはいくつかあります。

 

マクロ撮影するとわかりますね。

でも、せいぜいこんなモンです。

モンベルの靴下は耐久性が低いモノがありましたが、ジオラインクールメッシュTシャツは、ぜんぜん大丈夫。

安心して、毎日ガンガン着倒してください。

 

関連記事

【レビュー】モンベルの靴下を2年間履きまくったのでレビューするよ

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 キャンプツーリングを快適にすごすために必要な道具って、いろいろあると思うんですけど、みなさんは、 ...

続きを見る

まとめ

ボクは、2年間以上、ジオラインクールメッシュTシャツを着てきましたが、メーカーの説明に偽りなしって感じています。

風通しのよさはバツグンですし、かいた汗がみるみる乾くし、軽いし、熱がこもらないし、べたつかないし、ホント、おススメの下着ですよ。

クールメッシュTシャツを買うまでは、グンゼやB.V.Dなどの下着メーカーのモノや、スポーツ系メーカーの速乾性シャツを着てきましたが、今じゃ、夏用下着は全部クールメッシュTシャツです(笑)

まあ、あえてクールメッシュTシャツを冬に着る必要はないですが、ジオラインは高機能素材なので、冬でも部屋の中で着る分には寒くて耐えられない、なんてことはありません。

ちなみに、ジオライン素材のシャツは、夏用ばかりじゃなくて、それぞれの季節に応じた厚みの違う製品がそろっています。

普段使いでもいいし、荷物を少なくしたい旅行やキャンプにも向いているし、もちろん、登山やロードバイクなどのスポーツなどのハードな条件下で使うには最高のアンダーウェアだと思います。

下着1着に2,000円を超えるお金を出そうか迷っちゃう方もいるとは思いますが、ボクは、出す価値ありだと断言します。

まずは、仕事にも毎日使えるジオラインクールメッシュVネックTシャツ白色を買って試してみては、いかがでしょうか。

アウトドア用品 採算度外視!在庫一掃売り尽くし!【L-Breath】

 

冬場最強・最高!あったか下着の決定版 モンベル ジオライン ラウンドシャツ 長袖のレビュー記事を書きました

【レビュー】あたたかい冬用下着を選ぶならジオラインが最強なワケ

こんにちは。motocampers.net(モトキャンパーズ)管理人の晴れろGO!こと、ハレロゴです。 ヒトが快適に過ごすのに重要なのは、温度と湿度。 まあ、当たり前っちゃ当たり前の話ですね~ でも、 ...

続きを見る

ジオライン クールメッシュTシャツのスペック

クールメッシュTシャツの仕様です。詳しくはモンベルの公式サイトをチェックしてください。

メーカー名 monte-bell(モンベル)
品名 ジオラインクールメッシュTシャツ
種類 アンダーウェア
素材 ジオライン(ポリエステル100%)
重量 59g(VネックTシャツ Men's)
サイズ S、M、L、XL(下記サイズ表参照)
価格 2,400円+税(公式サイト価格)
用途別使用頻度 ツーリング1、登山1、日常生活8
おススメ度 夏用下着ならコレしかない。

サイズ表(モンベル公式)



おススメの人気記事はこちら!



-■道具レビュー, クロージング
-,

Copyright© MOTO Campers , 2019 All Rights Reserved.